茗溪学園 父母会

オンライン寮父母懇親会を開催

新型コロナウイルスの影響により、2020年の寮父母会は中止、2021年はオンラインでの開催となりました。今回は、11月に開催された寮父母懇親会の様子を寮父母会会長および副会長よりご寄稿いただきました。
**************************************************************

茗溪学園寮父母会 会長 鈴木 昌徳 (作成 : 副会長 糸井 和久)

寮父母会では例年秋に懇親会を実施しておりますが、コロナの影響により2020年の懇親会は中止。2021年についても対面開催は困難と判断したため、11月13日にオンライン方式での寮父母懇親会が開催されました。

懇親会は、”寮を知ってもらう”、”学年内の懇親を深める”を目的とし、「パネルディスカッションによる全体セッション」、ならびに、「グループセッションによる学年内懇親会」の二本立てで実施されました。

当日は、150名を超える寮生保護者の皆様に参加をいただき、鈴木会長からの開会の挨拶でスタート。続いて、宮﨑校長先生に御挨拶をいただきました。
その後、寮に住んで寮生達と共に生活を送ってくださっているハウスマスターの先生方の紹介があり、パネルディスカッションへと続きました。

パネルディスカッションでは、倉持寮長、松岡副寮長、大隅・小林各ハウスマスターがパネリストとして参加。寮生の日常生活、学習と進路、寮の自治等について、活発な議論が交わされ、普段、保護者が知ることができない、寮の内情を垣間見ることができました。

続いて、各学年男女ごと、計12のグループに分かれ、グループごとの懇親会が実施されました。グループ懇親会の途中には担当のハウスマスターの先生方にも参加していただき、各グループの日頃の様子の紹介、またグループ内での質問に答えていただくことにより、より深い議論ができたと感じます。

オンライン寮父母懇親会の開催にあたり、ご協力をいただきました教職員・ハウスマスターの先生の皆様、ご参加いただきました寮生保護者の皆様に御礼申し上げます。

パネルディスカッションの様子